ギリシャについて


ゼウス神殿

ゼウス神殿またはオリュンピア=ゼウス神殿はギリシャ アテネのアクロポリスの東側にある神殿で、オリュンポス十二神の中の最高神であるゼウスに捧げられた神殿である。








パルテノン神殿

パルテノン神殿は、古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスの上に建設された、アテナイの守護神であるギリシア神話の女神アテーナーを祀る神殿。紀元前447年に建設が始まり、紀元前438年に完工、装飾等は紀元前431年まで行われた。






サントリーニ島

エーゲ海のキクラデス諸島南部に位置するギリシャ領の島。かつて大爆発を起こした火山が形成したカルデラ地形の一部で、その外輪山にあたる。「サントリーニ島」の名はカルデラ全体、すなわち本島を含めた5つの島々(サントリーニ諸島)の総称としても用いられる。






シロス島

シロス島は、ギリシャのキクラデス諸島にある島。アテネの南東144kmに位置する。面積は83.6km²、人口は2万1507人。 主な町にエルムポリ、アナ・シロス、ヴァリがある。シロス島のみならずキクラデス諸島の中心であるエルムポリは、19世紀にはピレウスをしのぐ港湾都市であった。






ミコノス島

ミコノス島は、エーゲ海中部・キクラデス諸島に属するギリシャ領の島。人口約6200人。 エーゲ海の代表的な観光地の一つで、サントリーニ島とともに人気がある。風車が人気の観光スポット。







アテネの街

アテネはギリシャ共和国の首都で同国最大の都市である。 アテネはアッティカ地方にあり、世界でももっとも古い都市の一つで約3,400年の歴史がある。古代のアテネであるアテナイは強力な都市国家であったことで知られる。






 アテネ無名戦士の碑を守る衛兵

アマリアス大通りに面している大きな横長の碑が無名戦士の墓。おとぎ話に出てくるような民族衣装に身を包んだ英英が、1時間ごとに交代があるが、特に日曜の10:50~の交代が大規模である。